ベースブレッドで太る原因4つ!効果の出るダイエット方法をご紹介

ベースブレッドは手軽に栄養を補給できるので、今や生活に欠かせないものになっています。

そして栄養補給の目的以外にも、ダイエットとしてベースブレッドを取り入れる人も少なくありません。

正しく取り入れればダイエットの強い味方となってくれますが、間違った方法で取り入れていると逆に太ってしまうなんてことも……。

そこでベースブレッドで太る原因を4つご紹介していきます。

効果の出るダイエット方法もあわせてご紹介していきますね。

ベースブレッドで太るっていう声を聞いたことがあるよ…ダイエットとしては使えないのかな?

もくじ

ベースブレッドは太る?痩せる?

ベースブレッドには太るや痩せるといった両極端な口コミがあり、どっちが本当?と不安になりますよね。

そこで実際にベースブレッドを食べている人の声を、リサーチしてみました。

ベースブレッドを食べて太ったという声

ベースブレッドを食べて痩せたという声

やっぱりベースブレッドを食べて痩せたっていう声が多かったよ。でも太ったっていう声も少なからずあったなぁ。ベースブレッドで太る原因をチェックしてみよう!

ベースブレッドで太る原因4つ

ベースブレッドはダイエットの味方になる成分がたくさん含まれているため、正しく取り入れるとダイエット効果があります。

ベースブレッドで太る原因はこの4つ!

  1. 1日の摂取カロリーオーバー
  2. ベースブレッドのアレンジに問題あり
  3. 物足りなくてベースブレッドを食べすぎる
  4. 間食にベースブレッドを食べる

それじゃあ、詳しく説明していくね♪

①1日の摂取カロリーオーバー

ベースブレッドは低糖質のパンですが、栄養が豊富な為カロリーは極端に低いという商品ではありません。

ベースブレッドのカロリーはこちら。

プレーンチョコメープルシナモンカレー
205Kcal255Kcal264Kcal262Kcal253Kcal

ダイエット目的でベースブレッドを食べている人は、1食をベースブレッドに置き換えをしている人が多いですよね。

1日に摂取して良いカロリーは人によって異なります。

その為1食をベースブレッドにしているからと安心して、他の食事を食べすぎてしますと1日の摂取カロリーは簡単にオーバーしてしまいますよ。

まずはご自分の1日に摂取してもよいカロリーを計算して、上手くベースブレッドを取り入れていく必要がありますね。

②ベースブレッドのアレンジに問題あり

ベースブレッドはアレンジしやすいパンですよね。

その為、SNS上でも様々なアレンジ方法が紹介されています。

飽きが来ない為にも、ベースブレッドをアレンジすることは決して悪いことではありません。

しかし生クリームやチョコレートをたっぷり付けて食べるなんてことを毎回していると、もちろん太りますよね。

生クリームなど糖分が高いものをたっぷり付けて食べるのは、頻度を減らした方が良いです

生クリームの代わりにヨーグルトを付けるなど、工夫も必要ですよ。

③物足りなくてベースブレッドを食べすぎる

ベースブレッドは1食2袋が推奨の摂取量となっています。

腹持ちが良いので1袋でもお腹いっぱいになりがちですが、中には2袋食べても足りないという人も。

2袋で足りないからといって追加でもう1袋食べたり、チャーハンやカップヌードルを一緒に食べたり……。

そうなると、カロリーもオーバーしさらに栄養過多となり体調に不調をきたす場合があります。

ベースブレッドは基準の摂取量をきちんと守り、それだけで物足りない場合はサラダや野菜スープを一緒に食べるといいですよ。


④間食にベースブレッドを食べる

ベースブレッドは5つのフレーバーがあり、チョコやシナモンはおやつ感覚で食べられますよね。

低糖質だしおやつにベースブレッドを食べたらいいじゃんと思いがちですが、ベースブレッドをおやつに1袋食べさらに3食きっちり食べていると糖質もカロリーも採りすぎです。

ベースブレッドを普段のおやつ代わりに食べたいということでしたら、4等分に小分けして食べましょう。

さらにベースフードには、ベースクッキーも販売しています。

おやつに栄養補給をといことであれば、ベースクッキーを取り入れてみるのもおすすめですよ。

ベースブレッドはきちんと摂取量を守って、食べ方を気をつけていないと太ってしまうんだね。

ベースブレッドのダイエット効果

ベースブレッドは摂取量を守り、正しく取り入れるとダイエットの強い味方となりますよ。

ベースブレッドのダイエット効果はこちら。

  1. チアシードと食物繊維で腹持ち抜群
  2. ダイエットには必要不可欠のたんぱく質が豊富
  3. ずっしりしたパン生地でよく噛むため満足感
  4. フレーバーが5種類あり飽きずに置き換えが出来る

①チアシードと食物繊維で腹持ち抜群

ベースブレッドは、チアシードや食物繊維がたっぷり含まれているため、腹持ちがとにかく良いのが特徴です。

朝ダイエットのためにコーヒーやプロテインで置き換えしていたり、中にはバナナ1本なんて人もいますよね。

摂取カロリーが抑えられるので一時的に体重は減りますが、お昼までにお腹が空くため我慢が生じダイエットが続きません。

朝ベースブレッドに置き換えすると腹持ちがいいので、お昼まで空腹感を感じません。

我慢せずに置き換えができ、間食も減るためダイエット効果がありますよ。

②ダイエットには必要不可欠のたんぱく質が豊富

ダイエットにはたんぱく質が必要というのはご存じの方が多いはず。

たんぱく質は筋肉を作るのに必要な成分なので、トレーニングには欠かせないものとなっています。

ベースブレッドはたんぱく質が豊富に含まれているため、トレーニングのお供に最適ですよ。

トレーニングして筋肉を鍛えると、リバウンドしにくい体作りが出来ます。

普段から不足しがちなたんぱく質を、ベースブレッドで補えるといいですよね。

③ずっしりしたパン生地でよく噛むため満足感

ベースブレッドは、原材料にもち米を使用しているためずっしりとしたパン生地となっています。

その為噛む回数が増え、満足感がすごい

ベースブレッドの腹持ちの良さは、このもち米も理由の1つですね。

満足感がないと、ダイエットも続けにくいですよね。

④フレーバーが5種類あり飽きずに置き換えが出来る

ベースブレッドにはフレーバーが5種類あり、それぞれ違った美味しさが楽しめます。

さらにアレンジがしやすいのも特徴で、SNS上には様々なレシピが投稿されていますよ。

その為、飽きずに置き換えダイエットが続けやすいですよね。

ダイエットは、長期的に楽しく続けることがなにより重要です。

飽きない工夫をし、上手くベースブレッドを取り入れると必ず結果がついてきますよ。

まとめ

ベースブレッドで太る原因4つのまとめです。

ベースブレッドで太る原因はこの4つ!

  1. 1日の摂取カロリーオーバー
  2. ベースブレッドのアレンジに問題あり
  3. 物足りなくてベースブレッドを食べすぎる
  4. 間食にベースブレッドを食べる

ベースブレッドのダイエット効果はこちら。

  1. チアシードと食物繊維で腹持ち抜群
  2. ダイエットには必要不可欠のたんぱく質が豊富
  3. ずっしりしたパン生地でよく噛むため満足感
  4. フレーバーが5種類あり飽きずに置き換えが出来る

ベースブレッドは正しく生活に取り入れると、ダイエットの強い味方となってくれますよ。

摂取量を守りカロリーを採りすぎないようにして、上手くベースブレッドを取り入れてみてくださいね。

ベースブレッドは継続コースで公式サイトから購入すると20%オフで買えます。

「継続」といってもクリックだけで解約できるので、他の買い方をすると損なので気をつけた方が良いです。

(私は一度失敗しました……汗)

初回のみ20%オフなのでたくさん買うほどお得です。

賞味期限1ヶ月なので食べきれる分だけ買ってみてくださいね!

\ 最安は公式サイト! /

割引価格でベースブレッド体験する>>

もくじ
閉じる