ベースブレッドは朝ごはんと昼ごはんどっちがいい?置き換えで朝昼食べるのもあり?

ベースブレッド朝ごはん

手軽に美味しく栄養がとれるベースブレッド。

1日に2袋が推奨の摂取量ですが、いつ食べるのがいいか悩みますよね。

そこで、ベースブレッドは朝ごはんと昼ごはんどっちがいいかリサーチしてみました。

結論としては、朝ごはんと昼ごはんどちらでも良いです。

ちなみに、私の個人的意見でいうとエネルギーが必要な朝にベースブレッドを食べるのをおすすめします!

今回はベースブレッドを朝ごはんと昼ごはんどちらかにした場合の、メリット・デメリットも調査しましたのでご紹介していきますね。

ベースブレッドっていつ食べるか悩むよね。置き換えで朝昼どっちも食べるのもありなのかな?

ベースブレッドの味が気になる方は、関連記事「ベースブレッドまずい口コミ評判は本当?おすすめ人気味ランキングも紹介!」も参考になります。

もくじ

ベースブレッドは朝昼どっちに食べるのがいい?

ベースブレッド朝に食べる

ベースブレッドを、朝昼どっちに食べるか悩みますよね。

そこで実際にベースブレッドを食べている人は、朝昼どっちに食べているのか調べてみました。

朝ごはんにベースブレッドを食べている人の声はこちら

昼ごはんにベースブレッドを食べている人の声はこちら

朝ごはんにベースブレッドを食べている人が、多い印象でした。

朝は忙しいので、電子レンジでチンしてそのまま食べる人が多いようです。

昼ごはんに食べている人はベースブレッドに食材を挟んで、アレンジして食べている声がたくさん見られました。

それじゃあ、ベースブレッドを朝ごはんに食べるメリット・デメリットをさっそくチェックしてみよう♪

ベースブレッドを朝ごはんに食べるメリット・デメリット

ベースブレッドを朝ごはんに食べるメリットはこちら。

  1. 何かと忙しい朝にササっと手軽に食べられて時短になる
  2. 栄養バランスを考えた食事を作らなくていいので時短
  3. 1日の始まりにエネルギーを補給できる
  4. お昼まで空腹を感じず作業に集中できる
  5. 美味しいので朝は食欲がない子供も食べれる

一方、ベースブレッドを朝ごはんに食べるデメリットはこちら。

  1. お腹がゆるくなる場合がある
  2. おならが出やすくなる場合がある
  3. 食べすぎると太る

メリットを1つずつ説明していくね♪

ベースブレッド朝ごはんメリット:①何かと忙しい朝にササっと手軽に食べられる

ベースブレッドは、袋を開けてササっと食べられるので朝ごはんに最適です。

何かとバタバタ忙しい朝に、手軽に食べられる朝ごはんはポイントが高いですよね。

そのまま食べるのであれば、片手でパクッといけちゃいますよ。

チョコ・シナモン・メープルは、そのまま食べても美味しいです。

ただ、カレーとプレーンはそのままだとモサモサで口の中の水分が全部無くなっちゃう……(汗)

温めが必須ですが、電子レンジで20秒チンするだけなのでそんなに手間はかかりませんよ。

ベースブレッド朝ごはんメリット:②栄養バランスを考えた食事を作らなくていいので時短

朝から栄養バランスの整った食事を作るのは、中々ハードルが高いですよね。

ベースブレッドなら、1食で1日に必要な栄養の1/3を摂取できます

※推定値 ※栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を1食分とした場合

上記のグラフは、ベースブレッド(プレーン)1食分に含まれる栄養素です。

こんなに栄養バランスの整った食事を、朝から用意なんてできませんよね。

調理する時間もメニューを考える必要も無くなるので、超時短になります。

浮いた時間で好きな本を読んだり、音楽を聴いたりと朝の時間を有効活用できますよ。

※栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

ベースブレッド朝ごはんメリット:③1日の始まりにエネルギーを補給できる

ベースブレッドには、朝の体が必要としている栄養素がたっぷり入っています。

とくに必要な栄養素は3つ!

たんぱく質

たんぱく質は筋肉や臓器を作る栄養素のひとつで、体内時計をリセットする働きもあります。

また、栄養素を体に運びます。朝の体温を上げて、体を目覚めさせましょう。

ビタミン類

体に活力をつけるため、また、脳がブドウ糖を消費するときに欠かせません。

炭水化物

脳はでんぷんや砂糖が分解されてできるブドウ糖を消費して活動しています。

集中力アップのためにも、大切なエネルギー源のひとつです。

参照※まずは朝食を摂りましょう!|食の栄養バランスチェック|明治の食育|株式会社 明治 – Meiji Co., Ltd.https://www.meiji.co.jp/meiji-shokuiku/exp/diagnosis/tyousyoku/

朝ごはんには、下がった血糖値を上げエネルギーを補給してくれる働きがあるので、1日の元気には欠かせません。

栄養バランスの整ったベースブレッドを朝ごはんに食べることで、1日の始まりに良いスタートが切れます

生活リズムも整うので、朝ごはんにベースブレッドを食べるのはとってもおすすめですよ。

ベースブレッド朝ごはんメリット:④お昼まで空腹を感じず作業に集中できる

ベースブレッドは、腹持ちの良さが評判ですよね。

私も朝ごはんをベースブレッドにすると、お昼まで空腹を感じません

なぜならベースブレッドに含まれる、チアシードやたっぷり入った食物繊維のおかげなのです。

さらにもち米を使用しているので、ずしっとしたパン生地でよく噛むので満腹感がすごい!

おにぎり1つや菓子パン1個だけで、朝食を済ませているなんて人も多いのではないでしょうか。

朝食をしっかり食べないと、午前中にお腹がグーグー鳴って作業に集中できませんよね(笑)

腹持ち抜群のベースブレッドを朝ごはんに食べると、作業効率もあがりますよ

ベースブレッド朝ごはんメリット:⑤美味しいので朝は食欲がない子供も食べられる

子供って朝中々起きてこないですよね……(汗)

無理やり起こすけど、まだ眠いのか食欲がなく用意した朝ごはんを食べてくれないこともしばしば。

ですがベースブレッドを朝ごはんに導入すると、パクパク食べてくれるようになりました。

子供の朝ごはんは、とくに栄養バランスが気になりますよね。

ベースブレッドを朝ごはんに食べてくれると、1日の食事のハードルがかなり下がります。

ちなみに我が家の子供(4歳と2歳)のお気に入りは、メープルとシナモンです。

ベースブレッドはチンするとふわふわのパンになるので、子供も美味しく食べられますよ♪

デメリットを一つずつ説明していくね♪

ベースブレッド朝ごはんデメリット:①お腹がゆるくなる場合がある

ベースブレッドにはたんぱく質が豊富に含まれているため、お腹がゆるくなると感じる人がいるようです。

朝ごはんにベースブレッドを食べると特別お腹がゆるくなるというわけではありませんが、朝からお腹がゆるくなるとしんどいですよね。

ベースブレッドを食べてお腹がゆるくなると感じる人は、一緒に野菜やヨーグルトを食べるようにしましょう。

ベースブレッド朝ごはんデメリット:②おならが出やすくなる場合がある

ベースブレッドを食べると、おならがたくさん出るという人は少なくないはず。

実際私もベースブレッドを食べると、お腹がグルグル…おならが出やすいです(笑)

ベースブレッドにたっぷり含まれる食物繊維が原因で、腸の動きが良くなりガスが発生するんだそう。

こちらも朝ごはんに食べるからといって、おならが出やすくなるわけではありませんが、職場でプップするのはちょっと……ですよね(汗)

おならが出ることは体にとって悪いことではないですが、回数はできるだけ減らしたいですよね。

  • ベースブレッドをよく噛みゆっくりと食べる
  • 水分をたっぷりとりん便秘を解消する

上記の2点を意識すると、おならの回数を減らせる最善の方法ですよ。

ベースブレッドを食べて、おならがよく出るなぁと悩んでいる人は試してみてくださいね。

ベースブレッド朝ごはんデメリット:③食べすぎると太る

ベースブレッドは、低糖質でたんぱく質が豊富なので太りにくいパンですよね。

ですが、食べすぎるともちろん太ります

もともと朝ごはんに白米を食べることが習慣の人は、パンだと物足りなさを感じるかも。

そうなると1食2袋では足りず、食べすぎると太ってしまいます。

白米派の方は、ベースブレッドを朝ごはんに食べるのは向かないですね。

ベースブレッドは朝ごはんに食べるのがいいんだね!我が家も最近朝ごはんにベースブレッドを食べているよ♪子供も大好きで食べてくれるから、時短になって最高なんだよね。

ベースブレッドを昼ごはんに食べるメリット・デメリット

ベースブレッドを昼ごはんに食べるメリットはこちら。

  1. お昼を買いに行く手間が省ける
  2. お弁当を買うよりコスパがいい
  3. お昼のジャンクフードを卒業できる

ベースブレッドを昼ごはんに食べるデメリットはこちら。

  1. 満腹感がすごいので眠たくなる
  2. パンだけだと物足りなくてもう一品追加してしまう
  3. お昼は付き合いもあり取り入れづらい

メリットを1つずつ説明していくね♪

ベースブレッド昼ごはんメリット:①お昼を買いに行く手間が省ける

ベースブレッドは、公式サイトでまとめ買いをしている人がほとんどですよね。

その場合ベースブレッドを持参すると昼ごはんになるので、買いに行く手間が省けます

買いに行く時間がなくなるので、その分お昼にゆっくりする時間が増えますね。

さらにベースブレッドは賞味期限がおよそ1ヵ月と長いので、いざという時のストックにとても便利。

昼ごはんどうしようと悩んだときや、調理をするのが面倒な時用にストックのベースブレッドがあると安心できますよ。

ベースブレッド昼ごはんメリット:②お弁当を買うよりコスパがいい

昼ごはんをコンビニで買うと、ついつい色々買って高くなりがちですよね。

その点、ベースブレッドを昼ごはんにすると390円で済むのでコスパ最強ですよ。

コンビニでお弁当を買うと、栄養面も気になりますよね。

さらに毎日のこととなると、体にも良くありません。

昼ごはんがベースブレッドだと、節約になり栄養バランスも整うのが最大のメリットですよ。

ベースブレッド昼ごはんメリット:③お昼のジャンクフードを卒業できる

昼ごはんって、ジャンクフードを食べたくなりますよね。

昼ごはんに悩んだ時って、ついついジャンクフードを買っちゃうなんてことがよくあります。

その点ベースブレッドのストックさえあれば、ジャンクフードの誘惑に勝てますよね。

ジャンクフードだと、栄養面や添加物が気になります。

ベースブレッドは余計な添加物を使っていないので、安心して食べられますよ。

ベースブレッドを昼ごはんに置き換えて、お昼のジャンクフードを卒業しましょう。

デメリットを一つずつ説明していくね♪

ベースブレッド昼ごはんデメリット:①満腹感がすごいので眠たくなる

昼ごはんをお腹いっぱいに食べると、午後から眠たくなりますよね。

ベースブレッドはもち米を使用しておりずっしりしたパンなので、よく噛むため満腹感がすごいのです。

そのため、午後から眠たくなり作業に集中できないなんてことになってしまうかも。

そうなると、ベースブレッドの満腹感がデメリットになってしまいますよね。

眠たくなってしまうから、昼ごはんは食べないという人もいます。

1食2袋が推奨されていますが、1袋でも結構お腹が膨れるので眠くなるのが心配な方は1袋だけ食べるなど工夫が必要ですね。

ベースブレッド昼ごはんデメリット:②パンだけだと物足りなくてもう一品追加してしまう

昼ごはんにお弁当を食べていた方は、ベースブレッドだけだと物足りなく感じるかもしれません。

パンだけだと物足りなくて一品追加したり、もう1袋食べてしまうなんてことも。

そうなるとコスパも悪くなり、栄養過多による体調不良に陥ることもあります。

実際昼ごはんにベースブレッドを食べている方は、アレンジして食べている方が多い印象でした。

コンビニのチキンなんかをベースブレッドにはさんで食べている方も見かけましたが、それだと添加物もカロリーも気になりますよね。

昼ごはんにベースブレッドだけだと物足りないと感じる方は、スープやサラダを追加するようにしましょう。

ベースブレッド昼ごはんデメリット:③お昼は付き合いもあり取り入れづらい

昼ごはんは会社の食堂で食べたり、職場仲間と外食する人も多いですよね。

子供や学生は給食があるので、そもそも昼ごはんにベースブレッドを取り入れること自体難しいです。

そのため、ベースブレッドは昼ごはんではなく朝ごはんに取り入れる人が多いのですね。

さらにお昼の時間帯は、ランチ価格でお得に食事が楽しめます。

そういった意味でも、ベースブレッドは昼ごはんではなく朝ごはんに食べるのがおすすめですよ。

ベースブレッドをお昼に食べると節約になるのはいいね♪でもお昼は、友人とランチに行くことが多いから、取り入れづらいかな…。

ベースブレッドを朝昼どちらも置き換えてOK?

ベースブレッドは完全栄養食だから、朝昼どちらも食べたらいいんじゃない?って思いますよね。

※1食(2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

実際に、朝ごはんも昼ごはんもベースブレッドを食べている方はいるようです。

結論としては、朝昼どちらもベースブレッドに置き換えることは可能です。

ベースブレッドは5種類のフレーバーがありそれぞれ違った美味しさが楽しめますが、朝も昼もベースブレッドだけを食べるとさすがに飽きがきてしまいます。

そしてベースブレッドだけを食べると、暑い時期は塩分不足になる可能性が!

栄養バランスのいいベースブレッドですが、ナトリウムと炭水化物のみ1日の摂取基準量を下回っています

現代人の食事は、ナトリウムと炭水化物の採りすぎが問題となっています。

そのため1食だけベースブレッドに置き換えると、塩分や炭水化物の摂取量が抑えられバランスのいい食生活となります。

しかし朝昼どちらもベースブレッドに置き換えてしまうと、今度はナトリウムと炭水化物が足りないなんてことに……。

炭水化物が不足すると、エネルギー不足に。

ナトリウムが不足すると、夏の汗をかく時期は塩分不足に陥ります。

朝昼どちらもベースブレッドを食べたい方は1袋ずつ食べるようにし、野菜スープやおにぎりを1品足すなどの工夫が必要ですね。

自分の体調と相談しながら過剰摂取はせずに、ベースブレッドをバランスよく取り入れるといいよね♪

ベースブレッドは朝ごはん昼ごはんどっち?まとめ

ベースブレッドは朝ごはん昼ごはんどっち?のまとめです。

朝食でも昼食でもどちらにもメリット・デメリットがあるので、結論としては朝昼どっちもいい!と思います。

ちなみに私個人の意見としては、忙しい朝ごはんに食べるのがおすすめです。

お弁当を買うよりベースブレッドを持参する方がコスパがいいので、節約したい方は昼ごはんに食べるのもいいですね。

朝食昼食のメリット・デメリットを踏まえたうえで、自分に合った時間帯にベースブレッドを取り入れてくさだい♪

ベースブレッドは継続コースで公式サイトから購入すると20%オフで買えます。

「継続」といってもクリックだけで解約できるので、他の買い方をすると損なので気をつけた方が良いです。

(私は一度失敗しました……汗)

初回のみ20%オフなのでたくさん買うほどお得です。

賞味期限1ヶ月なので食べきれる分だけ買ってみてくださいね!

\ 公式サイトで初回20%オフ /

リンク先:BASEFOOD公式サイト

もくじ
閉じる