ベイクオフジャパン審査員鎧塚さんの評判は?コメント優しい贔屓ないと好評!

アマチュアベイカー達がお菓子やパン作りで、その腕を競い合う「ベイクオフジャパン」。

審査員のひとりにはスイーツ店Toshi Yoroizukaのオーナーシェフで世界的パティシエ「鎧塚敏彦さん」がいます。

鎧塚俊彦さんはジョブチューンでも審査員として登場しており、最近よくテレビでもお見かけしますね。

ベイクオフジャパンでも、審査員鎧塚さんの優しいコメントや、パティシエとしての的確なコメントに注目が集まっています。

この記事では、ベイクオフジャパンでの鎧塚さんの視聴者からの評判や、優しいコメント、逆に厳しさを見せたコメントなどを紹介

また、贔屓はあるのかないのかを調査しました!

鎧塚さんの視聴者からの評価はどうかな?
贔屓はあるのかないのか、調べてみたよ!

鎧塚シェフが審査員を努めるベイクオフジャパンは、30日間無料で見ることができますよ。

厳しいけど愛のある鎧塚シェフのコメントを見てみたい方は、無料でチェックしてみてくださいね。

\ 全8話見放題! /

※検索窓で「ベイクオフジャパン」と調べてみてください!

もくじ

ベイクオフジャパン鎧塚審査員の評判は?

ベイクオフジャパンの審査員鎧塚さん。

日本を代表するパティシエとして、世界的にも活躍しておりその腕も確か。

ベイクオフジャパンではアマチュアベイカー達に的確なアドバイスをしていく姿が印象的ですね。

視聴したみんなからの評判はどうなのでしょうか?

鎧塚 俊彦さんプロフィール

【鎧塚俊彦 プロフィール】

  • 生年月日……1965年10月16日
  • 年齢……56歳
  • 出身……京都府宇治市
  • 出身校……辻製菓専門学校
  • 配偶者……川島なおみ
  • 賞歴……パリコンクール「INTERSUC2000 」優勝

23歳の時にパティシェを目指し、守口プリンスホテル入社。

その後、本格的に洋菓子の原点、基礎から学ぶために1989年〜2002年までドイツ、フランス、ベルギーなどで修行。

2000年にはパリ国際菓子のコンクールで優勝するなど、着実にその腕を磨き上げます。

2002年に帰国し「Toshi Yoroizuka」のブランドを立ち上げ。

その翌年に「有限会社 アトリエ・サンセール」設立、東京を中心に続々と出店し今では4店舗出店中。

作品の見た目も美しく、その味も確かなToshi Yoroizuka。

ASEAN首脳会談40周年記念晩餐会にてデザートを担当するなど、日本を代表するパティシエとして活動されています。

メディアでも、ジョブチューンのスイーツ対決で審査員を務めるなどテレビ出演も増えています。

自信のインスタグラムでもインスタライブを行うなど、ファンとの距離も近くスイーツだけでなくそのお人柄も愛されています。

ベイクオフジャパン 鎧塚さんの評判

それでは、ベイクオフジャパンを見たみんなからの声を見てみましょう!

優しい!

圧倒的に多かったのは「鎧塚さんって優しい!」の声。

アマチュアベイカー達に話しかけたりアドバイスする言葉も優しいし、惜しみなく技術面などのアドバイスをしていて、とても優しいお人柄なのが伺えます!

「真摯に番組に関わっている」「信頼できる」

番組の中で、ベイカー達へのアドバイス内容ももちろん番組の中でスイーツについてとてもわかりやすく、丁寧に説明されています。

その姿が多くの人に刺さったようです。

また、作り手の見た目や作品の見た目に惑わされず、しっかり味で評価しようとする姿は「信頼できる」と好評でした。

鎧塚さんの仕草が可愛い!

アマチュアベイカーの作品を食べるその一口が大きく、その仕草が可愛い!という声が多かったです。

美味しいと思われたものは、本当にパクパク食べられる鎧塚さん。

可愛らしい鎧塚さんが見ることが出来ました♪

また、「おいしい」という時に眉間にシワを寄せて親指をたててグッドポーズをしている姿はベイカーはもちろん視聴者も笑顔にしていたと思います。

私も、鎧塚さんの「おいしい」とグッドポーズが出るたびに嬉しくて、画面の中のベイカーと一緒に喜んじゃいました!

ベイクオフジャパン鎧塚審査員の優しいコメント

鎧塚さんの優しいコメントは、ベイカーの緊張もほぐしベイクオフジャパン視聴者の癒しでもあったと思います。

鎧塚さんの優しいコメントを集めてみました♪

鎧塚さんの優しいコメント① 気持ちのこもった「おいしい」

美味しいものには、しっかりと「おいしい」と伝える鎧塚さん。

作り手にとって、一番嬉しい言葉ですよね。

ベイクオフジャパンで鎧塚さんが言葉にした「おいしい」のバリュエーションも豊富でした!

番組の中で鎧塚さんの発した「おいしい」をまとめました。

  • 元気よく「おいしい!」
  • 囁くように「おいしい」
  • 思わず漏れてしまったような「うまい」
  • 唸るように「ん〜。おいしい」
  • 「うん〜……」と目を閉じて眉間に皺を寄せてしっかり味わってからの「おいっしい!」

なんといっても、眉間に皺を寄せてしっかり味わってから、グッドポーズし「おいしい」と気持ちを込めた言葉はベイカー達の心をほぐしていってましたね。

鎧塚さんの「おいしい」から、優しくてお茶目な面がある鎧塚さんのお人柄が伝わります。

皆さんも是非、鎧塚さんの「おいしい」バリュエーションを楽しんでみてください♪

鎧塚さんの優しいコメント② 言葉で具体的に褒める。

「味の構成が、僕たちには思い浮かばない構成だね。面白い」

ーエピソード2「ペストリーウィーク」

鎧塚さんの優しさは、ベイカー達の良いところを具体的に褒めるところにも現れていますね。

Satoruさんのパルミットパイのアイデアを褒めておられました。

アマチュアベイカーの中に、自身にはない素晴らしいものを見つけ、しっかり言葉にしていました。

残念だったところのフィードバックはこの言葉の後に続きますが、「まず最初に良いところを見つけて褒める」ということを番組全体の中でしておられるのが印象的でした。

鎧塚さんの優しいコメント③ その人らしさを大切にしている。

「僕はAikaらしくって 僕は面白いかなと」

ーエピソード4「チョコレートウィーク」

チョコレートケーキの味について、「ウィスキーと香辛料の味がバッティングしてる」という意見と共に、「でもそこがAikaらしい」と褒めに変えていました。

味が一番大事、と言いつつもその人らしさを大切にしたコメントにはとても胸を打たれました。

ベイクオフジャパン鎧塚審査員の厳しいコメント

「優しい」と好評の鎧塚さんですが、日本を代表するパティシエとして、スイーツ作りについて厳しい面もあります。

時には厳しい言葉ででベイカー達へアドバイスをしていました。

ベイクオフジャパン鎧塚さん厳しいコメント①「売り物にならない」

「これは売り物にならない」

ーエピソード1「ケーキウィーク」

aikaさんのケーキについてそのアイディアは誉めつつも「でもこれは売り物にならない」とバシっと厳しい一言。

aikaさんにも目を大きくさせて驚いていましたね。

アマチュアや趣味等ではなく、プロとして商品として売れるようになるには何が必要なのかを伝えるには必要な厳しさだったのだと思います。

ベイクオフジャパン鎧塚さん 厳しいコメント ② 「見た目ではごまかされない」

「にっこっとした笑顔でごまかされると思ったら大きな間違いだから。ちゃんと見てるからな」

ーエピソード2「ペストリーウィーク」

「でもなんかこの女性心をくすぐるところが(作品の)、ちょっと僕は鼻につくかな」

ーエピソード3「ブレッドウィーク」

鎧塚さんは、最年少ベイカーyuiくんに少し意地悪でしたね。笑

yuiさんの可愛らしい見た目やえくぼの可愛い笑顔、その若さに、もう1人の審査員石川さんが「可愛い〜!」とメロメロ。

鎧塚さんも「いつも芳子さんはyuiくんにだけ長めにアドバイスをしていくんだよね〜」と、揶揄。

それもあってか、鎧塚さんはいつもアドバイスの中に下記のような厳しい一言をyuiさんに添えていました。

yuiさんに意地悪する、そんな鎧塚さんを見て楽しむ方もいました♪

ベイクオフジャパンは、その作品の美しさや味での勝負。

鎧塚さんが真摯に作品とベイカーとしての挑戦者の皆さんと向き合っているのがわかります。

ベイクオフジャパン鎧塚さん 厳しいコメント ③ 「クオリティーが低い」

yuriさんにしてはクオリティーが低いな。ホントに失礼なんだけど、グラサージュがよくない、周りのチョコレートもちょっと良くない、このリボンも硬いときにやってるから」

ーエピソード4「チョコレートウィーク」

一つの作品に対して、鎧塚さんは一気にダメだしをしていく場面もありました。

これだけダメ出しを一気にくらうと、心おれちゃいますよね……。

しかし、最後には難しい事に挑戦をしてきたyuriさんをしっかり褒めていました。

「優しい」と評判の鎧塚さんですが、その道のプロだからこそ技術面に対して厳しいコメントがありましたね。

厳しいコメントをしても、その言い方も分かりやすくや的確なコメントだからこそベイカーや視聴者の心に刺さるのだと思います。

厳しいコメントをした後も良い点は褒めているのが印象的!

ベイクオフジャパン鎧塚審査員の贔屓はある?

ベイクオフジャパン審査員の鎧塚さんは、贔屓はないです。

特に、人の見た目がどうこうなどではなく、忠実に作品自体の見た目や味で審査をしていたように感じました。

yuiさんが女性陣に容姿や若さについて「かわいい〜〜!」と言われ長めに話しかけられていましたが、鎧塚さんは「そういう事には惑わされない」と発言するなど、作品を人で判断するという贔屓は無かったですね。

強いて言うならば、少しだけaikaさんへの心配と期待は他のベイカーに比べてあったかな?と思いました。

「一番心配してた」とaika、aikaとよく名前を呼び、声をかけ可愛がってたように思います。

aikaさんの実力を見込んでいたでしょう!

その鎧塚さんの期待通り、aikaさんはメキメキと力をつけ、エピソード3と4では連続で文句なしのスターベイカーを獲得されていました。

まとめ

ベイクオフジャパン審査員鎧塚俊彦さんは、日本を代表するパティシエ。

そんな鎧塚さんのベイクオフジャパンでの審査員としての評判は「優しい」と好評。

しかし、時にプロとして、アマチュアベイカー達にスイーツ作りの技術面において厳しいコメントをされていました。

自分が言われたら絶対心折れると思う程の厳しさもありましたが、真摯にこの番組やお菓子作りに向き合っている証です。

そして「頑張ってほしい」とベイカー達の成長を願う気持ちが強い事が伝わりました。

最年少ベイカーにメロメロになっていた石川さんを横目に、「僕は騙されない」と一切の贔屓無しに作品を評価していたところも印象的でした。

ベイクオフジャパンは鎧塚さんのお人柄が良いのがよく分かる番組でもありますね。

そしてちょっとお茶目な鎧塚さんも楽しめます。

ベイクオフジャパンは、鎧塚さんのそんな姿に注目して見てみてください♪

もくじ
閉じる