SixTONESファンは怖い!マナー悪い害悪ファンの特徴まとめ

SixTONESのファンはかなり熱いことで有名ですよね。

ですが、いきすぎたファンは「スト担は怖い」「マナーが悪い」といわれる「害悪ファン」と呼ばれています。

(※スト担とは……SixTONES担当のファン)

しばしばSixTONESを推すことに夢中にりすぎて周りが見えなくなり、四方八方に悪影響を及ぼす害悪ファンが見られるようです。

人としてファンとしてのマナーも悪く、少しでも気に入らないことがあると、攻撃的になり発言もひどくて怖い……。

この記事では、SixSTONESの害悪ファンの言動や特徴についてまとめてみました。

スト担のマナーの悪さや、暴言の数々調べたよ!
害悪ファンの特徴もみてみよう!

もくじ

SixTONESファンは怖い?

SixTONESのファンは怖いと言われているけれど、一体どんなところが怖いと言われているのでしょうか。

スト担は何故怖いの?今でも害悪が多いの?

調べてみました。

SixTONES グループについて

SixTONESの結成は2015年。ジャニー喜多川により命名された。グループ名の意味は3つ。

  1. 「ストーンズ」という読み方から、原石。
  2. レミファソラシの6音のように個性を出せるように。
  3. TONESから、「音の6原色」

デビュー曲は2020年1月22日「Imitation Rain」。X JAPANのYOSHIKIさんが作詞作曲をしたと話題になった曲です!

SnowManと同時デビューとなり、A面とB面でセットでCD発売しミリオン達成。

メンバー6人の平均身長は176㎝と、ジャニーズでは高身長のグループ。

ジャニーさんに「YOUたちデカくて怖いよ」と言われたんだとか。

ジャニーズといえば、V6や嵐、キスマイなどなど、王子様系、爽やか系、元気系等のイメージがありますね。

その雰囲気とは違い、SixTONESはどこか異色を放つ……例えるなら、ギラギラのお兄系といったところでしょうか。

同時デビューしたSnowManと雰囲気が180度違うギラギラな雰囲気を纏ったグループです。

紅白にも出場するなど、デビューから止まることなく大活躍!
ギラギラお兄さん系タイプのジャニーズもステキ!

SixTONESファンが怖い理由 ①参戦服

スト担の参戦服は、他のジャニーズファンの参戦服と少し雰囲気が違うようです。

スト担の参戦服は黒基調、クール系、お姉系。

SixTONESも「ギラギラお兄系」なのであれば、おのずとそうなりますよね。

ジャニファンの参戦服はフェミニンな雰囲気で、可愛くパステルが大部分を占めているイメージ。

黒基調、クールお姉系のスト担が集団になっていると、他のグループのファンからすると「怖い」印象を持たれがちなのかもしれません。

一方で、スト担はおしゃれで美人が多く、美意識が高いという評判も!

クールでお姉系、黒基調の参戦服が多いスト担。
それもあって怖いと思われがちなのかな。

SixTONESファンが怖い理由 ②発言がヤバい

一部のファンだけのようですが、スト担のヤバい発言の数々が問題となっています。

神田沙也加さんが亡くなった日とSixTONESのラジオ放送が被り、Twitterトレンド1位を逃した事で神田さんに対して怒る害悪スト担。

人の命を軽視した害悪スト担の言動に大炎上。これにはラジオの放送局も謝罪する事に。

更に、津波警報でSixTONESの放送が中断になった事についても、津波警報が邪魔と発言

現在では、戦争(ウクライナとロシアの戦争)についてもどうでもいいと発言しているようです……。

民度が低い、治安が悪い、怖いと言われるのも仕方ありません。

人の命を軽視……最低ですね。
発言がやばすぎです。

SixTONESファンが怖い理由 ③ マナーが悪い

「スト担はマナーが悪すぎ」と言われています。

街区スト担のマナー違反の行為として主に目立ったのが3つ。

  • 改札前や道の真ん中で座り込む。
  • 転載禁止の有料動画などをSNSで上げる。チケット等の高額転売も行う。
  • ライブ等の会場内でのマナー違反。団扇が規格より大きい、MC中に騒ぐ。

道の真ん中や改札前に座り込む行為は、社会のルール違反ですよね。

有料動画を録画してSNS等にアップするのも違反です。

ジャニーズのファンの中で決められているルールも守れず、他のジャニーズファンも迷惑している様子。

社会のマナーやファンルールが守れない、
確かに「やばい人」という意味で怖い……。

SixTONESファンが怖い理由 ④ SnowManへの異常な対抗意識

スト担はSnowManへの対抗意識をメラメラと燃やしており、「マウントをとってくる」と害悪行為があるようです。

なんでも、「本当はSixTONESだけがデビューするはずだったのにタッキーのゴリ推しによりSnowMan同時デビューになってしまった、迷惑だ邪魔だ」と怒っているのだそう。

デビュー前はファンクラブ会員数の数はSnowManよりSixTONESの方が多かったみたいですが、こうしたことも悪影響になり今はSixTONESのファンが減ってきているようです。現在ではSnowManの方が多いようす。

また、SnowManのメンバーを「パニック障害にさせよう」と計画していたスト担達もいます。

SnowManのメンバーに対して「ブスノ」と言ったり、「○ね」などの発言も散見されています。

これに怒ったスノ担も、SixTONESのメンバーに対して批判的になり、パニック障害なれなどと発言する事態に……。

スト担の害悪ぶりを、調べれば調べるほど怖いです……。

SixTONES害悪ファンの特徴まとめ

SixTONESの一部ファンは怖いと言われていますが、怖いだけでなく害悪を及ぼしているんです。

害悪スト担の特徴をまとめると、以下のような事が挙げられます。

  1. 発言がヤバい……命を軽視した発言が散見される。
  2. マナーが悪い……社会のマナーが守れない。ファンマナーも守れない。
  3. SnowManへの異常な対抗意識……マウントのとりまくり。

しかし盲目な害悪ファンの言動により、SixTONESの印象は悪くなり他のスト担への印象も悪くなっています。

それを目にする多くの人の気分も害しています。

SixTONES本人達は、その矢面にいつも立たされている。

一番迷惑しているのは、害悪行為といつも一緒に名前が並べられるSixTONESなのではないでしょうか。

害悪ファンについて、同じスト担も「恥だ」と言い害悪行為を止めようと呼びかける人もいます。

害悪でないスト担の人たちも、悲しんでいるし迷惑していますよね。

スト担全員が害悪なのではない事は、ここでも声を大にして伝えておきます。

スト担全員が害悪なのではないですよ!

まとめ

SixTONESファンが怖い理由はライブ参戦服や言動によるものでした。

SixTONES自体も、ギラギラお兄系。キラキラ王子様系が多いジャニーズの中では異色な雰囲気を持っています。

SixTONESのファンの子達がその雰囲気に合わせて黒基調のギャルお姉系衣装になっています。

ファンの参戦服は集団で見ると怖いですが、おしゃれで、センスが良いと評価も高いです。

しかし、一番影響が大きいのはなんといっても害悪ファンの言動でしょう。

害悪ファンの特徴をまとめると、社会のマナーやファンルールを守れず、SixTONES本人たちはもちろジャニーズ全体にも迷惑をかける人たちです。

応援するあまりに盲目になり、周りを傷つけて更にSixTONES本人たちの名前も傷つけているのです。

現在では、少し落ち着いてきているようですが一定数まだ害悪ファンが残っているようでした。

スト担同士で「やめよう」と害悪を制御する動きもあります。

害悪は一部のファンの行動であり、SixTONESやSixTONESのファン全員が害悪という訳ではないので注意したいですね。

SixTONESにはこれからも活躍して欲しいし、スト担にも楽しくファン活動をして欲しいものです。

もくじ
閉じる