社員証紛失はクビ?情報漏えいで罰金や弁償や懲戒処分になるのかを解説

会社に入社したときに、発行してもらえる社員証。

会社の一員になれた実感がして、渡された瞬間ドキドキしますよね。

それとともに会社の秘密を守らないとと責任を感じて緊張感が増してきます。

そんな大事な社員証をもし紛失してしまったらどうなるのでしょうか。

情報漏えいで罰金や懲戒処分になる可能性があるのか、最悪の場合クビになってしまったら辛すぎます……。

たとえクビにならなくとも、弁償しなければいけないのかも気になりますよね。

この記事では、社員証を紛失したときに情報漏えいで懲戒処分やクビになる可能性があるのかを解説します。

会社からいただいた大切な社員証。紛失してしまったらクビ・懲戒処分になるの?弁償ってどのくらいかかるのかな。

そんな疑問を詳しく紹介していくよ。

もくじ

社員証紛失はクビになる?

そもそも社員証は「もらえるもの」ではなく「貸し出されているもの」です。

ですから、無くしてしまった時には会社の備品をなくしてしまったということになるのです。

この時考えられるリスクつです。

  • 個人情報漏えい
  • 悪用されてしまう
  • 会社の社会的評価が下がってしまう

①社員証紛失のリスク:個人情報漏えい

社員証紛失を紛失することは、個人情報漏えいとなります。

なぜなら、社員証には以下のような大切な情報が載っているからです。

社員証に載っている情報
  • 自分の顔写真
  • 名前
  • 会社名
  • 勤務部署 など

社員証を拾ってくれた人には

「○○○○○さんは××××社に勤めていて、□□□□という役職についているんだ。」ということを顔写真と共に知られてしまいます。

知られたとて、気にならない人もいるかとは思います。

ですが、悪意をはたらかせる人がたまたま拾ってしまった場合は怖いですよね。

顔写真付きの社員証をSNSにアップされてしまう可能性だって考えられます。

②社員証紛失のリスク:悪用されてしまう

社員証紛失するリスクとして、第三者による悪用も考えられます。

社員証をひろった第三者が、もしかしたらライバル会社に勤める人で、会社の情報を持ち出そうと潜入する…なんてことがあるかもしれません。

機密情報を入手され悪用されてしまったら?

顧客データなど、お客様のプライバシーに関する情報を漏えいしてしまうかもしれません。

そんなドラマみたいな話があるかよ!と思う方もいるかもしれませんが、情報漏えいが原因で、会社の評判ガタ落ちになるケースなんて山ほどあります。

悪用されてしまえば、会社が倒産してしまうこともありうるということです。

ゾッとしますね……。

自分のうっかりが大ごとになるなんて、怖すぎますね。

③社員証紛失のリスク:会社の社会的評価が下がってしまう

社員証には、先ほども述べた通り、少なくとも会社とあなたの名前が記載されています。

落ちている社員証を見かけた時に、

「あ…××××社の社員証だ。社員証落とすなんて、責任感ない社員もいるんだな」と会社の信用を落としてしまうことにもなるかもしれません。

自分の持ち物すら、きちんと管理できない会社なのかと思われてしまっては、悔しいですよね。

無くした場合はこのリスクをできるだけ早く回避するために、隠しておくのはやめましょう!

見つかるまで報告はせず、黙っておこうとしても、誰にとっても良いことはありません。

すぐに上司や人事部等に報告し、謝罪をすることをお勧めします。

予想できる会社へのリスクを最も小さくするためにも、すぐに連絡しましょう!

その後に、自分の心当たりの場所を探したり、警察に届けを出したりしましょう。

見つかれば見つかったでラッキーです。

更に会社にとってのリスクを未然に防ぐことができれば、自分の罪が肥大化することもありません。

一度は自分が起こしてしまったミスを認め、素直に謝りましょう!

社員証を紛失するとクビになる可能性はある?

さて本題の…社員証を紛失したらクビになるのか?という話ですが、実際に社員証をなくした経験がある人の声を集めてみました。

さまざまな声がありますが、社員証を紛失してクビになるケースはかなり少ないようです。

皆人間ですから、忘れたり、無くしてしまったりの失敗は絶対にないとは言い切れませんよね。

私の勤める会社でも、社員証を無くした社員はいましたが、クビになるということはありませんでした。

会社からの信用を下げないためにも、共に働く仲間や上司に迷惑をかけないためにも、

社員証の紛失は絶対にしない!と心に強く思っておくべきです。

社員証紛失の懲罰とは?

自分で充分気をつけていたにもかかわらず、社員証を紛失してしまった…。

社員証を紛失したときの懲罰ってあるんでしょうか。

社員証を紛失してしまった場合の懲罰がある場合は、罰金が多いです。

実際にいくらくらいかというのは、会社によって変わってきますが、

始末書➕1万円からのようです。

正直、高いですよね………!!!

ですが、「社員証を無くしたら大ごとだ!」という意識づけを会社が社員にするために高めの金額設定をしています。

例えば、罰金が1,000円だったらどうでしょうか?

「社員証無くしちゃった〜。まぁ1,000円だし、また発行してもらえばいいか。」的な感覚になりますよね。

社員証を紛失したという出来事が、まるで読みかけの小説をうっかり電車に置き忘れてきちゃったレベルの出来事になりかねません。

そんな気持ちにならないようにするために、会社が規定していると考え、自分の罪をいさぎよく認め、二度と自分が同じことをしないよう心に決めて、きちんとお納めしましょう。

社員証紛失はクビ?まとめ

社員証を紛失した場合、クビになるというケースはほぼありません。

しかし、以下の3つのリスクがあります。

  • 個人情報漏えい
  • 悪用されてしまう
  • 社会的評価が下がってしまう

もしも社員証を紛失してしまった時は会社に即報告しましょう!

始末書と罰金があれば、きちんと自分を戒めながら、始末書をかき、弁償として罰金を収めること が大事です。

誰でも失敗はありますが、その後どうするかが大切になってきますよ。

落ち込みすぎず、次の行動をどうするかを考えながら行動しましょう!

もくじ
閉じる