中学生別れ方LINEでの例文は?彼氏・彼女と円満に分かれる方法!

中学生LINE別れ方

気軽なコミュニケーションツールとして多くの人に使われているLINEですが、最近では中学生が彼氏と別れる際にLINEを使うことが増えてきています。

しかし、LINEだからこそどんな文章を送ればいいか悩むし、出来るだけ円満に別れたいですよね?

この記事では中学生でも送れるLINEでの別れ方の例文、彼氏・彼女と円満に別れる方法やをご紹介します。

LINEでの別れを考えている方は、ぜひこの別れ方を参考にしてみてください!

もくじ

中学生がLINEで別れるのはあり?

中学生に関わらず、LINEで別れる方法は人によって賛否両論ありますよね。

私の中学時代はLINEが普及していないかったのでLINEでの別れは経験がありませんが、お互い納得がいくのであれば一つの方法としてはいいのではないかと個人的には思います。

今時って感じで新鮮な感じがします。

中学生LINEでの別れ方例文

LINEで別れたいと思っていても、どんな内容を送れば円満に別れられるのか悩みますよね?

面と向かって話さない分、少しでも伝え方を間違うと円満な別れ方が出来なくなってしまう場合があります。

そこで、別れる時の例文を以下のパターンごとにご紹介しますね。

  • 別れる原因が相手にある場合
  • 別れる原因が自分にある場合
  • 遠距離恋愛の場合
  • 付き合いが長い場合
  • 付き合いが短い場合

①中学生LINEでの別れ方例文:別れる原因が相手にある場合

今回のことで深く傷つきました。

こんな状態で付き合っていくのは無理なので別れたいと思っています。

これは一時の感情ではなく、しっかりと考えて出した答えなので、気持ちが変わることはありません。

あなたと付き合って楽しいこともたくさんあったことは感謝しています。

今までありがとう。

別れの原因が相手にある場合は、文面は出来るだけシンプルに分かりやすくを心掛けましょう。

また、相手が悪いからと言って大きく出ずに低姿勢で対応することが円満解決につながりますよ。

②中学生LINEでの別れ方例文:別れる原因が自分にある場合の例文

この前のことは本当にごめんなさい。

私なりに考えたんだけど、これ以上一緒ににいても傷つけてしまうだけなので別れたいと思っています。

自分勝手なのは十分分かっているし、こんな大切なことをLINEで済ませてしまうことも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

許してもらえるか分からないけれど、これが私の今の気持ちです。

今まで本当にありがとう。

別れが自分にある場合は、素直に非を認めると同時に相手に対して感謝をしっかり伝えることが大切です。

相手によってはLINEでの別れ話をよく思わない人もいるので注意が必要ですが、真摯に向き合うことが重要ですね。

相手が悪い場合もそうでしたが、低姿勢を心掛けてみましょう。

③中学生LINEでの別れ方例文:遠距離恋愛の場合の例文

いきなりで申し訳ないけれど、これ以上遠距離恋愛を続けていくのは無理だと思いました。

そもそも私は遠距離恋愛には向いていないと思います。

正直すごく寂しいし、会えない時間が不安でたまりません。

忙しい中でも予定を合わせてくれてありがとう。

一緒に過ごしてきた時間は宝物です。

本当にありがとうございました。

遠距離恋愛の場合は、離れている時の寂しさや辛さを正直に伝えましょう

ただし、寂しさや離れている距離だけを理由にするのではなく、そのせいで完全に気持ちが離れてしまっていることをしっかり伝えましょう。

遠距離恋愛の場合は相手も寂しさや不安を抱えている場合が多いので、相手の気持ちに寄り添うことも大事です。

そして、やはり感謝の気持ちを伝えることが円満に別れる第一歩ですよ。

④中学生LINEでの別れ方例文:付き合いが長い場合の例文

顔を見るとうまく伝えられなくなりそうなので、LINEで伝えたいと思います。

ここまでずいぶん長い間付き合ってきたけれど、これ以上付き合っていくのは厳しいと思っています。

急なことで悩ませてしまうかもしれないけれど、私もこの決断を出すまですごく悩みました。

でも、もう気持ちは変わりません。

すぐに結論を出してほしいとは言わないけれど、あなたの気持ちも知りたいです。

長い間付き合っていた場合、別れを切り出すのはとても勇気のいることですよね。

この場合は、結論を急ぐのではなくお互いの気持ちを確認し合う時間が必要です。

複数回連絡を取り合いながら、よく話あいましょう。

時間をかけて冷静に話し合うことが円満に別れるポイントになります。

⑤中学生LINEでの別れ方例文:付き合いが短い場合の例文

ここ数カ月のお付き合いはとても楽しかったです。

でも、この先もお付き合いしていくのは難しいなと感じているのでお別れしたいと思っています。

直接あって伝えることが出来ずにごめんなさい。

少しでも早く伝えたかったのでLINEしました。

今まで本当にありがとう。付き合ってくれたこと感謝しています。

お付き合いが短い場合は、長い場合に比べて別れ話をしやすい傾向にあります。

伝える時は遠まわしせず、ハッキリきっぱり伝えましょう。

どんなに短いお付き合いだったとしても相手への感謝は必ず伝えましょうね。

中学生LINEでの別れ方のNG行為

LINEで別れ話をする場合、顔が見えない分誤解やすれ違いが生じやすくなります。

そこで、不要なトラブルを避けるためにもNG行為を確認してみましょう。

  • 一方的に別れ話を進めない
  • 絵文字やスタンプは使わない
  • 突然別れ話を切り出さない
  • 未練が残るような文面を送らない

①中学生LINEでの別れ方のNG行為:一方的に別れ話を進めない

あなたの中では別れが決まっているかもしれませんが、相手は別れる気は全くないかもしれません。

そんな状態の中で別れ話をしても彼氏は納得がいかず戸惑ってしまう可能性があります。

一方的ではなく、相手の気持ちをよく考えて徐々に話を進めましょう。

②中学生LINEでの別れ方のNG行為:絵文字やスタンプは使わない

別れ話という大事な場面で絵文字やスタンプを使ってしまうと、相手は「ふざけているのか」と思ってしまう可能性も。

悪気はなくても絵文字やスタンプを使うのはやめましょう。

③中学生LINEでの別れ方のNG行為:突然別れ話を切り出さない

LINEで別の話をしている時にいきなり別れ話を切り出すのはNGです。

相手を深く傷つけることになりかねません。

別れ話をする場合は、少し距離を置くなどなんとなく別れを匂わせたり、「大切な話がある」と前置きをしてから話始めましょう。

未練が残るような文面を送らない

相手を傷つけないようにとの思いから「完全に嫌いになったわけじゃない」「まだ好きな気持ちがある」など相手に未練が残るような文章を送ることはNGです。

あなたのそんな言葉が相手を迷わせたり、復縁を期待させてしまう可能性があるので注意が必要です。

あやふやな言葉で期待を持たせることはやめましょう。

LINEというツールを利用して別れる場合は、顔を合わせない分相手を思いやる気持ちを持って話すことが大事ですね。

出来るだけNG行為をせず、円満に別れられるようにしましょう。

中学生別れ方LINEでの例文は?彼氏・彼女と円満に分かれる方法!まとめ

今回の記事では中学生がLINEで彼氏・彼女と円満に別れるための方法と例文をご紹介しました。

LINEでの別れ話は、面と向かって言わなくて済むので簡単なように感じますが、円満に別れる為には気を付けなくてはならないこともたくさんあります。

ここで紹介した例文は一例なので、自分にあった文面に変えながら送ってみて下さいね。

相手の気持ちに寄りそうと同時に感謝の気持ちを伝えて、出来るだけお互いが納得のいく終わりを迎えられるようにしましょう。

みなさんが円満にお別れできることを祈っています。

もくじ
閉じる