ちいかわうさぎ名前が判明?ヤハ・ウラ・ハァの言葉考察も

ちいかわうさぎ名前

ちいかわの漫画を読み進めていくと、「うさぎって何を言ってるんだろう?」と思う事がありますよね……。

ちいかわの友達のうさぎは、一番元気ではっちゃけているのにほとんど喋りません。

ちいかわのキャラクターは作中自分のことをなにも説明しないですし、名前を仲間で呼び合うこともしないので謎が多いですね。

特にうさぎは、「ヤハ」とか「ウラ」とか「ハァ?」しか話さないので謎すぎるんです。

この記事では、うさぎに焦点を当ててうさぎの名前やうさぎの発言について調べて考察していきます。

また、「ヤハ」・「ウラ」・「ハァ」しか話さないことについて考察して、さまざまな発見がありました……!

もくじ

ちいかわうさぎに名前はある?

ちいかわの友達として登場するうさぎのキャラクター、「うさぎ」ですが、本名があるのかどうか調べてみました。

しかしいくら探しても別名や本名は見当たりませんでした。

正式名称が「うさぎ」ということだそうです。

そもそもよく読んでいくとちいかわ作中でちいかわ、ハチワレ、うさぎがお互いの名前を呼び合う描写が一切ないんですよね……。

ちいかわうさぎの名前:韓国語

ちいかわたちの名前の韓国語版の名前が存在するそうなので、ご紹介します。

うさぎはそのままの意味で、ウサギを表す「トキ」だそうです。

やはり、そのままの意味が名前になっていますね!

ちいかわうさぎヤハの意味考察

ちいかわのうさぎの発言の一つである「ヤハ」の意味を考察していきます。

うさぎ「ヤハ」発言シーン①:魔法のステッキを使う時

うさぎが動物の頭の骨のようなものが付いたステッキのようなものを「ヤハ」と言いながら振りかざすと、カップケーキがでてくるシーンです。

この「ヤハ」からは、「えい!」という感じがします。

魔法のステッキのようなものを使うので、魔法の力をつかうために力を入れる掛け声的な要素がありますね。

うさぎ「ヤハ」発言シーン②:草むしり検定3級を自慢する時

ちいかわとハチワレが草むしり検定5級を受けたことを聞いて、うさぎが自分の持つ3級の検定証をみせるシーンです。

この「ヤハ」は、「ほら(みてみてよ)」のようなニュアンスを感じますね。

「いや、実はハチワレとちいかわの受けた草むしり検定5級より上の3級持ってるんだよね~」と少し自慢したい気持ちもあると思います。

そんな少し自慢げなうさぎもかわいいですね。

草むしり検定編のまとめはこちらの記事からどうぞ。

うさぎ「ヤハ」発言シーン③:巨大オムライスを見つけた時

ハチワレとちいかわがお星さまたちを助けたもらったお礼の巨大オムライスを食べていると、それを見つけたうさぎが助走をつけて「ヤァァァァハァァァァァ」と言いながら走ってくるシーンです。

この「ヤハ」は大声で「いくぞーーーー」といっている感じですね。

オムライス食べたいし、走ってくる中で、いつもの「ヤハ」よりも勢いを感じます。

何個もあるうさぎの発言の中で、一番使われる「ヤハ」ですが使い方は多様です。

うさぎは主に肯定的な返事、掛け声、あいさつ、などいろいろな場面で「ヤハ」を使っていますね。

ちいかわうさぎウラの意味考察

ちいかわのうさぎの発言の一つである「ウラ」の意味を考察していきます。

うさぎ「ウラ」発言シーン①:からあげにレモンをかけてと頼まれた時

ハチワレに「ここまで(からあげに)レモンおねがい!」と頼まれたうさぎが「ウラ」と返事をしてレモンを絞りかけるシーンです。

うさぎの絞ったレモン汁が、ちいかわとハチワレの目に飛んで二人が痛い目にあってしまうというのはご愛敬のシーンになっています。

ちゃんとハチワレが頼んだ通りにやっているところを見ると、ハチワレやちいかわにはやさしいのかな、と思えてくるほほえましいシーンですね。

ハチワレに対し、「OK」のような感じで返事をしていますね。

うさぎ「ウラ」発言シーン②:モモンガに追い払われた時

ごはんを独り占めしたいモモンガに「(邪魔だから)あっちいけッ!!」と言われ、「ウラ」とうさぎが返事をするシーンです。

「あっちいけッ!!」といわれて、「OK……」という感じが出ていると思います。

少し後ろ姿が寂し気にみえるのは気のせいでしょうか?

もしかすると、うさぎはモモンガと一緒にごはんをおにぎりにして食べたかったのかもしれませんね。

うさぎ「ウラ」発言シーン③:武器に自分で絵を描いたのと聞かれた時

討伐用の武器に自分で自分の似顔絵のマークを「油性ペンで描いたの?」とハチワレに聞かれ、「ウラ」と答えるシーンです。

質問をされて、「そうだよ」と肯定する感じがしますね。

本来上位ランカーになったら、武器に自分のマークを入れてもらえるシステムなので、うさぎがやっていることは邪道です。

ですが、「なんか悪い?文句ある?」と開き直っている雰囲気もあると思います。

色々な「ウラ」を見てみると、「ヤハ」よりは「ウラ」は肯定でも若干投げやり感を感じますね。

気持ちの入り方が上なのが「ヤハ」で、カジュアルな肯定の気持ちを伝えるときに「ウラ」というのでしょう。

ちいかわうさぎハァ?の意味考察

ちいかわのうさぎの発言の一つである「ハァ?」の意味を考察していきます。

うさぎ「ハァ?」発言シーン①:なんとかバニアの人形と同じポーズを取ってた時

なんとかバニアの人形と同じポーズを取っていて横たわっていると、ハチワレに「真似してるの?」と言われて、うさぎが「ハァ?」とへんじをするシーンです。

自分のしていることの意味がハチワレ達にはわからなかったみたいなので、「なんでわかんないの?みたらわかるでしょ?」といううさぎの気持ちが出ていると思います。

うさぎ「ハァ?」発言シーン②:ハチワレの怖い話を聞かされた時

ハチワレが怖い話をしたときに、うさぎが「ハァ?」と言うシーンです。

これは、怖さ隠しの「ハァ?」の可能性も……。

「まったく怖くない、何をそんなに怖がってんだ?」くらいにしか思っていないのかも知れませんね。

うさぎ「ハァ?」発言シーン③:ハチワレに写真を勝手に撮られた時

ハチワレが自分のカメラでちいかわとうさぎの写真を撮ったときにうさぎが「ハァ?」というシーンです。

すこし照れ隠しで突っ張っているような態度に、「え?なんなの?いきなり写真撮る?」と言ったニュアンスを感じます。

「ハァ?」という言葉を使うシーンをいくつか見てきましたが、毎回反抗期の子供のような態度が見え隠れするように思えます。

うさぎというキャラクターは、明るくてはっちゃけるひねくれ者のキャラ設定なのかもしれませんね。

まとめ

ちいかわにでてくるうさぎの名前や発言の考察のまとめです。

うさぎの正式な名前は「うさぎ」で、ほかにあだ名や本名などほかの呼び名はありません。

うさぎがしゃべる言葉は、独特でハチワレや鎧さんが話すような言語ではなく「ヤハ」「ウラ」「ハァ?」などのうさぎしか使わない言葉を話します。

考察するに、「ヤハ」は挨拶や肯定の返事や意思表示などに使い、「ウラ」はもう少し適当な生返事などに使います。

同じ肯定の返事ですが、積極性は「ヤハ」のほうが「ウラ」よりも上になります。

「ハァ?」は主に否定形、反抗的な態度とセットになって使うことが多いです。

うさぎの独特な言語を注意しながらちいかわを読み進めていくとまた新たな発見もあり、楽しいですね!

ちいかわも独特な話し方「ワァ」「フ…!」などの言葉がかわいいですよね。

ハチワレの名言「わ……泣いちゃった」の意味もまとめた記事はこちらをご覧ください。

ちいかわ「ワァ泣いちゃった」の使い方はこちら >>

もくじ
閉じる