キレイモ給料未払いで赤字やばい!倒産や買収の噂を検証!

全身脱毛サロンとして人気のキレイモが給与未払いで赤字経営でやばい、倒産寸前との噂があります。

また、買収との話も出ていますが実際のところはどうなんでしょうか?

ここではキレイモの給料未払い問題や赤字経営で倒産について調べると同時に買収の噂も解明していきたいと思います。

もくじ

キレイモ給料未払い赤字で倒産寸前って本当?

結論から言いますと、キレイモは給料未払いの問題を起こしていることは間違いありません。

それに加えて顧客との間にも金銭トラブルを抱えていることが分かりました!

①キレイモ赤字倒産のウワサの理由:給料未払い

キレイモの従業員の話によれば先月の給料は支給日から3日遅れで振り込まれ、今月に至っては2日過ぎた時点でまだ振り込まれていないそうです。

キレイモの社長は先月の給料支給日前日メールにて従業員に対し、「給料はすぐ支払う」「今後は遅延はないと約束する」と説明していましたが、今月も同じことが繰り返されているようです……。

従業員は会社への不信感から仕事を休んでいる人もいるようですが、中には無断欠勤としてクビになった人も……。

かなりヤバイ状況であることがわかりますよね。

②キレイモ赤字倒産のウワサの理由:顧客に未返金

従業員への給料未払いだけでなく、お客様への解約金の返金が滞っているという事実があります。

この方は全身脱毛を無制限で受けられる30万円のプランを契約し、支払いは一括で済ませたそうです。

しかし、契約利用回数に満たない昨年11月に解約。

契約利用回数に満たない場合は一部返金されるとのことで解約時、担当者からは「1~2か月で10万円が振り込まれる」と説明があったというが、未だに入金がないという。

その後キレイモからのメールでは「必ず返金する」と書いてあったが返金がないため、コールセンターに問い合わせると「今後の資金調達も含め検討中」との曖昧な返答しか返ってこなかったそうです。

従業員のみならず顧客との金銭問題まで発展しているとなると信用も出来ないですよね。

このままの状態が長く続くと倒産もありえない話ではなくなってくるでしょう。

キレイモ給料未払いで赤字やばい?

前述したように、キレイモは会社側と従業員の間で給料未払いという大きな問題が発生しています。

では、キレイモは給料が払えないほど赤字経営になっているのでしょうか?

調べてみたところ、赤字であることは間違いない!と確信しました

人気サロンが急激に衰退してしまった理由として以下のことが考えられます。

  • 値上げでお客さんが減った
  • 新型コロナの影響

①キレイモ給料未払い 赤字経営の理由:値上げでお客さんが減った

2019年10月の増税により消費税が10%になったことで1回目の値上げに踏み切りました。

その後、機器のリニューアルという理由で2回目の値上げが行われ、この2つのことから脱毛プランが大幅値上げとなり、お客さんが減ってしまいました。

この時も、突然の値上げで契約者とキレイモ間でトラブルがあったとも言われています。

②キレイモ給料未払い 赤字経営の理由:新型コロナの影響

キレイモは新型コロナの影響を強く受け、2020年6月に18店舗が閉店に追い込まれ、それまで73店舗あったものが55店舗ほどにまで減少してしまいました。

しかし、2020年4月に緊急事態制限が出されてから2か月ほどでの大量閉店というのは急すぎるので、それ以前から業績は悪化していたのでしょう。

その業績悪化にコロナがトドメを刺したと言っても過言ではありません。

キレイモ給料未払い 赤字経営で倒産や買収の噂も?

給料未払いにより倒産や買収の噂があるキレイモですが、現時点ではまだ倒産や買収が行われたという情報はありません。

新規営業が行われているという書き込みもあるので、倒産はしないのではないかと思われますが、突然倒産という方向に進む場合も考えられます。

ネット上では今後のキレイモに関して買収を望むような書き込みも上がっています。

どのような道に進むのが1番なのか難しいですが、買収してもらうことで適切な解約や返金が行われ安心してサロンに通うことが出来るのならば、お客さんにとってはいいことだと思います。

また、従業員の方にとっても会社全体に新しい風が吹いて働きやすい環境になればと思います。

キレイモ給料未払い 赤字経営で倒産寸前?買収の噂を検証まとめ

キレイモの給料未払いの赤字経営問題は噂ではなく、事実であることが分かりました。

給料未払い問題に加え、解約返金に関して顧客とのトラブルも発生しています。

様々な理由から経営悪化して赤字になっていることは間違いありませんが、現段階では倒産や買収が行われたとの情報はありません。

問題が山積みのキレイモですが、今後どのような方向に進んでいくか分かりませんが、従業員や顧客が納得のいく結果になることを願うばかりです。

もくじ
閉じる