金魚妻ドラマはやばいしひどい?つまらない理由と感想も紹介!

Netflixドラマ「金魚妻」は下町に隣接する高層タワマンに住む妻たちが、それぞれの家庭に不満をもちつつ、不倫に落ちていくR18+のドラマです。

篠原涼子や長谷川京子、岩田剛典、安藤政信などの豪華キャストが濡れ場を演じるとあって、かなり話題になっていますよね。

2022年2月現在、Netflixランキングで1位になっている金魚妻ですが、その感想はさまざま……。

「おもしろい!」とハマっている人もいれば「ひどい」「つまらない」「やばい!」と酷評する人もいて賛否両論です。

この記事では、ドラマ「金魚妻」は実際にひどくてつまらない作品なのか?

やばいといわれる理由について、実際に全話作品を見た私が感想をまじえながら考察していきます!

金魚妻のドラマはひどいのか?私のぶっちゃけ感想を紹介するよ~!

もくじ

金魚妻ドラマはひどいしやばい?

ドラマ「金魚妻」はオムニバス形式の全8話。

タイトルになっている篠原涼子演じる「金魚妻」以外にも、「外注妻」「弁当妻」「伴走妻」「頭痛妻」「改装妻」の6人の妻が登場します。

ドラマ「金魚妻」を見たみんなの感想:

「金魚妻はひどい」という評判をよく目にしますが、実際はどうなのかドラマを観た人の感想を見ていきましょう。

つまらないという意見もおもしろいという意見もありました。

「ラブシーンに注目されがちだけど、それだけじゃん…!」という声も。

ですが、キャストの良さはかなり評価されているのがわかります。

ドラマ「金魚妻」を見た私の正直感想

全体を通しての感想でいえば「金魚妻」はおもしろかったです!

篠原涼子さんや長谷川京子さんの体の美しさにはうっとりしてしまいました。

でもその一方で、ちょっと共感できない部分もありましたね(後ほど詳しく紹介します!)

初回の冒頭から、平賀さくら(篠原涼子)の夫・卓也(安藤政信)と同じマンションに住む不倫相手・箱崎ゆり葉(長谷川京子)とのラブシーンからというのはド肝を抜かれました……。

全裸で肌を合わせて、前後に動きながら肌を合わせるリアルな不倫の様子がすごい……!

描写が激しすぎて、これは一人じゃなきゃ観れない作品だなぁと(笑)

6人の妻たちは、どこの夫婦でも抱えていそうな悩みから、独特な悩みまで様々なんですよね

  • 不倫を繰り返す夫からDVを受ける妻<金魚妻>
  • 子供が欲しいけど、夫は非協力的でセックスレスに悩む妻<外注妻>
  • 部下に妻を抱かせて興奮する性癖を持つ夫に悩む妻<弁当妻>
  • 夫とのすれ違いから酒におぼれ、マンション暮らしに不満を持つ妻<伴奏妻>
  • 不倫に拒絶反応を示し、謎の頭痛に苦しむ妻<頭痛妻>
  • あるコンプレックスによりマザコン夫と姑に軽んじられる妻<改装妻>

この中でも、タイトルとなる金魚妻の平賀さくら(篠原涼子)の1話目は違和感をずっと感じていました。

夫・卓弥(安藤政信)の不倫、DV、モラハラに苦しむさくらが、金魚屋で見つけた自分と同じ名前の金魚に、自分の姿を重ねて、家に連れて帰ります。

でも、卓弥からひどい仕打ちに合って、金魚屋に助けを求めるんです。

金魚屋の店主・豊田春斗(岩田剛典)に慰めてもらい、気分転換に外出をするのですが、もうここからすでに「二人の雰囲気は恋人」で超絶違和感なんですよね。

「えっ?そこまで距離近くなること何かあった?」って感覚に陥りました。

出会って間もない、若い男性と年上の人妻が、店主と客の関係で、観光船に乗って大声で叫んでみたり、恋人気分で下町を人力車に乗って観光したり……。

ふつうありえないですよね…???

どうしたら年上女性に、そんなに優しく接してくれる男性がいるのか、非現実すぎてついていけませんでした

デートを楽しみ春斗と別れた後、家に戻ると再び夫・卓弥に暴力をふられ家を飛び出すさくら。

雨の中、道端で泣き崩れるさくらに、春斗が姿を現しさくらに寄り添った事から、一線を越えた関係になっていきます。

春斗がさくらを全面的に優しく包み込む感じが引っかかっていたのですが、後々その理由が明らかになり、最終的には春斗のピュアな恋心が理解できました。

でも二人の恋の結末には納得いかなかったかなぁと。

最後まで頭がはてなマークで埋め尽くされていて、なんともスッキリしないラストでした。

卓弥役の安藤政信さんは、もともと好きな俳優さんなのですが、くず男っぷりが光ってましたね。本当にお見事(笑)

個人的には、瀬戸さおりさんの「弁当妻」と松本若菜さんの「頭痛妻」がおもしろかったです。

金魚妻ドラマがやばい理由

ドラマ金魚妻がひどいし、つまらないと言われる理由は、大胆な不倫と共感が出来ないストーリーだからだと思います。

その理由について考察していきます。。

①つまらないしやばい理由:大胆な不倫

不倫と言えば、だれにも見つからないよう秘密の関係でなくてはいけませんよね。

タワマンに住む妻たちというテーマでありながら、妻同士の交流はほぼないし、人目を避けるような場面も見られません

昼間の川沿いを不倫相手と堂々と歩いたり、夫が寝ている前で元彼からの電話に出るなんてことも平気でします。

不倫って悪いこと、禁断の恋愛、バレたら大変な事になる、と連想できることが何もなく大胆な不倫というイメージのドラマでした。

②つまらないしやばい理由:共感できないストーリー

どこの夫婦でも不倫に陥る可能性はあるし、その理由も様々だとは思うのですが、この6人の妻たちに共感できる人はそんなにいないのでは。

共感できない部分もありましたが、全てが共感できないわけでもなくて、同じ不満を抱えたら不倫してしまうかもしれないという気持ちにもなりました。

金魚妻ドラマがおもしろいという声も

ドラマ金魚妻がおもしろいという声もあります。

非現実的なメロドラストーリーと、藤森慎吾さんの演技への関心が大きいようでした。

後輩に妻を寝取られたい願望を持つ変態夫を演じる藤森さんは、奇抜だけど最高のキャスティングで確かに面白かった。(笑)

地上波ではできないようなドラマは斬新ですよね。

原作漫画ファンは不安の声も大きいようでしたが、良い評価をしている人も多かったです。

金魚妻ドラマひどいしやばい!まとめ

Netflixドラマ金魚妻はひどいしおもんないのか、まとめていきます。

不倫を大っぴらにしてしまうところ、共感できないストーリーなどつまらなく感じてしまう要素は確かにあったと思います。

ですが地上波では見られない大胆な濡れ場と、ちょっと非現実的なストーリーに心を奪われる人は多かったです。

不倫ドラマの中に隠れた金魚屋の店主・豊田春斗(岩田剛典)さんのピュアな恋心に心をときめかせる人もたくさんいましたよ。

つまらないしひどいのか、おもしろいのかは、実際に作品を見てみてくださいね。

もくじ
閉じる