スニダン空売り対策やり方は?本人確認済みだと安全かを調査!

スニーカー愛好家の間で話題のSNKRDUNK(スニダン)ですが、最近「空売り」という行為が問題になっています。

購入したスニーカーを出品者がいつまでも発送してくれなかったり…

出品内容(サイズや状態など)と実物が一致しないことからスニダン側でキャンセルされて、手元にスニーカーが届かなかったり…

こんなことになったら悲しいし残念ですよね。

この記事では、スニダンの空売り対策のやり方をご紹介します。

本人確認済みだと安心なので、しっかりとチェックして空売りに合わないようにしましょう!

楽しみに待っているのに空売りされたら悲しすぎる。本人確認済みなら安全かも知っておこう!

もくじ

SNKRDUNK(スニダン)空売り対策やり方は?

スニダンで空売りされたら、せっかくお目当てのスニーカーが手に入ると思っていたのに、裏切られたような気分になって落ち込みますよね。

実際、スニダンの空売り被害にあって憤慨している人は多いようです。

スニダン空売りにあった人の声

空売りされて嫌な目にあうと、本当にしんどいですよね……。

スニーカーの到着を楽しみにしていたのに空売りされたら最悪だよね。何度も空売りにあっている人もいるんだね。

スニダンが空売り対策でしていることは?

スニダンは増え続ける空売りという迷惑行為に対応し、安心・安全に取引ができるような規約を設けています。

空売り対策の一番のポイントは、ペナルティとして、出品者がキャンセル料金を払うことです。

出品者都合で取引がキャンセルとなった場合、商品金額の10%を出品者がキャンセル料として支払う決まりになっています。

(※一部では20%との情報もありますが、スニダン公式サイトの利用規約には2022年2月現在10%と表記されています)

ペナルティとして、空売りなどの問題行動を行った出品者には、アカウントの利用制限措置が取られることも。

それでも問題行為が続く場合は、アカウントの永久停止になることもあります。

ペナルティとしてキャンセル料を取っていても、なかなか空売りは減っていない様子……。

さらに、空売り対策として本人確認を行っています。

本人確認してる出品者の方が安心なのかな?それじゃあ本人確認についてくわしく説明していくよ。

snkrdunk(スニダン)空売り問題は本人確認済みだと安全?

スニダンの空売りは、本人確認済みだと安全なのでしょうか?

結論としては、本人確認が済んでない出品者に比べれば、本人確認済みの出品者の方が空売りの確率は低いといえます。

それでは、なぜ本人確認済みの出品者の方が空売りの確率が低いのか解説していきます。

本人確認済みってどういうこと?

まずは「本人確認済み」とはどういうことかをおさらいしておきましょう。

スニダンには本人確認という制度があります。

本人確認をするためには、本人確認資料の提出が必要です。

【出品者本人確認のための必要資料】

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 日本国パスポート

本人確認済みであれば、本人確認済みバッジが表示され、出品一覧でも一目でわかります。

なぜ本人確認済みアカウントの方が空売りが少ないの?

なぜ本人確認済みアカウントだと空売りが少ないのでしょうか。

その理由は、悪質な空売りアカウントでは本人確認しづらい仕組みになっていて、一度アカウントの永久停止になると、同じ名義ではアカウントを新しく作ることができないからです。

つまり、一度キャンセルしたことのあるアカウントだと、キャンセル料を支払わないと本人確認済みバッチがもらえないというわけなんです。

ですが、本人確認済みアカウントの方が空売りは少ないとはいえ、空売りはなくなっていません

キャンセル料を払わず逃げているアカウントもあるようで、キャンセル料を確実に徴収する方法を願う声もありました。

残念ですが、空売りを100%避けることはできないようですね。

ですが、スニダンは空売りされた場合、購入者は全額返金されるので金銭的負担はありません

お金の面で損することはないので、その辺りは安心しても大丈夫だといえます。

空売りは絶対に避けたい!購入するときは本人確認済みアカウントかをチェックしよう

SNKRDUNK(スニダン)空売り対策やり方まとめ

スニダン公式サイト

スニダンで空売り対策をするやり方のまとめです。

スニダンは空売りをする悪質アカウントへ、キャンセル料として商品代金10%のペナルティを科しています。

空売りなどの問題行動を行った出品者には、アカウントの利用制限措置が取られることがあり、それでも問題行為が続く場合は、アカウントの永久停止になることもあります。

本人確認済みアカウントが永久停止になると、同じ名義で新しくアカウントを作ることはできません。

なので、本人確認済みのアカウントから購入すると、空売りにあう確率はかなり低くなります

空売りはまだ完全になくならないスニダンですが、空売りされた場合、購入者側は全額返金ですし、商品鑑定が付くので偽物を購入してしまう確率も低いです。

メルカリやラクマなどのフリマアプリでは偽物がゴロゴロしていますし、一番安心できるのはスニダンだと断言できます。

中古スニーカーをどこで買おうか迷っている方は、スニーカー専門フリマサイトのスニダンが現状ではベストですね。

0円で登録できるアプリがありますので、気になる方は無料でスニダンアプリをダウンロードしてみてくださいね。

もくじ
閉じる