クリス・ロックは過去のやらかしがひどい!アジア系差別発言で炎上の過去も

アカデミー賞主演男優賞に輝いたウィル・スミスが強烈ビンタした相手、クリス・ロックが話題となっています。

なぜクリス・ロックがビンタされたかというと、彼は脱毛症に悩んでいるウィル・スミス夫人の髪型をいじって侮辱したからでした。

実はクリス・ロックは今回だけに限らず、過去にもひどい発言で炎上したことがあったようです。

過去のひどいやらかしについて調べてみました。

もくじ

クロス・ロックは過去のやらかしもひどかった

今回、クリス・ロックさんはウィル・スミスさんの奥様を侮辱して非難されましたが、今回のようにあざ笑う形で笑いをとろうとして炎上したのは初めてではありません。

もともと、差別的発言をする人として有名であり、過去にも大ブーイングをされた経験があります。

クリス・ロックアジア系差別発言で炎上も

2016年、クリスロック氏は第88回アカデミー賞授賞式でコメディアンとして出演しました。

そのなかで、「アジア人は数学が得意」そして「(男性のイチモツ)が小さい」といった、偏見に満ちた内容のジョークを披露しています。

クリスロック本人はほんの軽いジョークのつもりでしたが、アジア系アカデミー会員たちから抗議が殺到しました。

炎上系コメディアンなのでしょうか……。

誰かを侮辱して笑いをとろうという姿勢、そしてそれをアカデミー賞授与式の場でやろういう勇気はとにかくすごいですよね。

まとめ

クリス・ロックさんの過去の侮辱における炎上についてまとめました。

このような方が、今回、アカデミー賞授賞式の場面に登場したのもちょっと驚きですよね。

暴力はいけませんが、侮辱に対して毅然と立ち向かったウィル・スミスさんを称賛したい気持ちになった人も多いかもしれませんね。

クリス・ロックのビンタに対して、ウィルスミス息子がTwitterにつぶやいた言葉も話題となっています。

詳しくは関連記事「クリスロックビンタ事件!ウィルスミス息子ジェイデンがツイッターで残したコメント」を読んでみてください。

もくじ
閉じる