自由視点映像野球どうやって見る?楽しめる見方とは?

プロ野球中継の自由視点映像が話題になっています。

360度の角度で見られるのはすごいのですが、どうやって見るのか難しいところです。

新しい中継方法にとまどいますが、楽しめる見方をするにはどうすればよいのでしょうか?

調査してみました。

もくじ

自由視点映像野球どうやって見る?楽しめる見方

自由視点映像を楽しんでいる視聴者はたくさんいました!

どうやって見ると楽しめるのか、ポイントを調べてみました。

①自由視点映像楽しめる見方:リプレイをわかりやすくチェックできる

自由視点映像の利点としては、リプレイがわかりやすいところですよね。

360度カメラなのでフカンで見られるのが、これまでのプロ野球中継とは全く違います。

リアルタイムではわからなかったことを、リプレイで細かにチェックできるのは面白いですよね。

②自由視点映像楽しめる見方:キャッチャー視点が臨場感あり

360度カメラの視点を活かして、さまざまな角度からプレーを見られるのは楽しいですよね。

特にキャッチャー目線で見られるのは面白い!との声が多かったです。

実際、キャッチャーにカメラを付けて映像を流すことも可能かもしれませんが、おそらくなめらかさが全然ちがってくるのではと思われます。

③自由視点映像楽しめる見方:ピッチャーの投球の軌道をチェックできる

自由視点カメラで撮影しているからこそ、細かな分析がしやすくなります。

特にピッチャーの投球の軌道がわかりやすいのは良いですよね。

プロならではの技術をわかりやすく解説してもらえると、野球中継を見る楽しみが増えそうです。

自由視点映像野球どうやって見ることができたらさらに楽しい?

自由視点映像はこれからもっと進化していきそうですよね。

「こんな風に進化したらもっと楽しめそう」というアイディアの声も見つけましたよ。

さまざまな意見がありました!

まとめ

自由視点映像はどうやって見ると面白いか、楽しめる見方のまとめです。

  • リプレイを分かりやすくチェックできる
  • キャッチャー視点が臨場感ある
  • ピッチャーの投球の軌道をチェックできる

など、楽しみ方はいろいろとありましたね。

今後、自由視点映像はスタンダードになっていくのか注目です!

もくじ
閉じる